fc2ブログ










ビジネスクリエーターを目指して

■RBS入学動機
私は自動車の内燃機エンジン用部品を主力製品としているメーカーに勤務しています。

皆さんもご存じの通り世界的な脱炭素の流れから、自動車のエンジンは電動化が進みつつあります。
この変化は私が勤務する会社(以下、当社)にとっては、主力製品による収益の縮小を意味し、極端に言うと存亡の危機が迫ってきているという状況です。

そのため、当社では新規事業開発を重要課題として進めているのですが、これがなかなか思うようにはいっていません。
「なぜ計画通りにいかないのか?本当に事業化できるのか?」これがある新規事業プロジェクトのリーダーをしていた私が会社から常に問われていたことでした。
「そりゃ不確実性の高いことだから計画通りにはいかない。
動いた結果で計画を修正しつつ、事業化できるか検証しているのだ。」ということを解ってもらおうと会社とコミュニケーションを取るのですが、話が全くかみ合いません。

この不一致は様々な事に影響するので、私はその対処に追われ、疲れ切ってしまいました。
それは他の新規事業プロジェクトも同じで、みな疲弊している感じなのです。
この状況に「このままでは危ない。変えなければ。」と思ったのですが、何をどう変えるのか、自分は何をするのかがよく分かりません。
とりあえず仲間を作ろうと新規事業や既存事業部、本社のミドル有志が集まり意見交換する場を作ってみたりしたのですが、それだけで変わるものでもありません。
この次はどうしたら良いのかを考えた末に、知識と同じ問題意識を持った人が集まっているところに行けばヒントが得られるのではないかと思い至りMBAへの入学を決心しました。

そうと決まれば、次はどの学校にするかです。色々な学校を比べてみたのですが、RBSが掲げる「ビジネスクリエーター」像が私の目指す姿そのものだったことで、「ここだ!」と決めました。


■入学後の感想
覚悟して受験はしたものの、無事合格した後は、仕事、プライベートとのバランスが取れるかが心配でした。
慣れるまでは四苦八苦しましたが、今では何とかこなせています。
しかも、結構楽しんでいます

以前、社内MBA受講者に選抜され、MBAで学ぶ科目は一通りエッセンスだけは触れたことはあったのですが、実際のMBAで得られる知識や刺激の量は、やはり比べ物になりません。
授業中もそうですが、出される課題への取り組みで結構頭と時間を使います。
そして課題のアウトプットを学友と共有する。
この一連の時間がとても楽しいのです。
自分は考えもしなかった視点で分析してくる人、信じられない量のアウトプットをしてくる人、プレゼンがもの凄く上手な人、時には自分のアウトプットも認められる・・・などなど刺激が満載です。

授業風景(矢嶋)
【授業風景(グループディスカッション)】

RBSは一学年が約90名と大勢の様々なバックグラウンドを持った同級生がいます。
しかも、授業では上級生とも一緒になりますので、理屈上は約180名の在校生達から刺激を受けられるのです。

また、立教大学には3つの独立研究科があり(ビジネスデザイン研究科、21世紀社会デザイン研究科、人工知能科学研究科)、その研究科を超えた学生の交流も始まっています。

なのでその気になれば、新しいビジネスを3研究科のメンバーで一緒に作っていくなんてこともできるかも知れません。
この多様性と可能性の幅は、RBSの魅力の一つだと私は感じています。

ただ残念なのは、大半がオンライン授業なので、リアルの親交が限られてしまっている点です。
オンライン授業は通学時間もかからず効率的ではあるのですが、授業の楽しさは、やはりリアル・対面には敵いません。
そして、授業外の懇親会も。コロナが落ち着いている間は、できる限りリアルで出席し、刺激的な学生生活を楽しみつつ、自分の課題を解決していく道を探していきたいと思っています。

MBA受験を検討されている皆様、RBSでお待ちしています!

正門(夜)
【クリスマスツリーが点灯された正門前】
スポンサーサイト



[ 2021/12/12 21:00 ] 学校・学生生活紹介 学生生活 | TB(-) | CM(0)

特別職国家公務員がビジネススクールへ

1 立教大学ビジネススクールに入学した理由

私が、我が国の空を守る唯一の機関に所属して約20年が過ぎた。

この20年間で、固い言葉でいうところの「我が国を取り巻く安全保障環境」は大きく変化した。
入隊から半年ほど過ぎた夜、TVに映し出されたのはニューヨークのワールド・トレードセンターに2機の旅客機が突入する光景であり、「世界が変わる」という衝撃を今でも鮮明に覚えている。

20年に渡るテロとの戦いは、米軍のアフガニスタン撤退とタリバン政権が再び樹立される形で幕が下ろされた。
その一方で、中国は、経済発展を背景に世界での影響力を高めつつ、南シナ海及び東シナ海において力による現状変更を試みており、台湾との関係も緊張が高まっている。

まさに21世紀は、一歩先が見通せないVUCAの時代に突入したと言える。
(ご存じの方も多いとは思いますが、「VUCA」とは、1990年代に米陸軍がソ連崩壊以降の予測不可能な世界を示す言葉として使い始めたものです。)

私が所属している機関も、このような不確実性の高い安全保障環境の変化に適応し、改革・進化を続けていかなければ、その使命を完遂することはできない。
そのためには、官僚的な既存の考え方を打破し、周囲を納得させるだけの論理性及び具体的な提言が必要だと考えた。
その結果たどり着いたのが、常に競争が行われているビジネスの世界で活用されている企業経営に関する体系的な理論とその実践であった。

そして、民間企業勤務経験もなく、専門的な経営管理学の教育を受けたことのない私が、体系的な知識を身につけた上で、論理的解析力を実践できる段階まで高めるには、ビジネススクールへの入学が近道だと考えた。

都内には多くのビジネススクールがあり、知見のない私にとって、どの学校を選ぶべきかは手探りであった。
①理論と実践のバランス
②通学に際しての立地
③オンラインへの適応
④経費
といった要素を踏まえつつ、進学説明会及び受験面接の雰囲気から、立教大学を選ぶこととした。
図1


2 入学後の生活

結論から言えば、立教大学への入学は間違いではなかった。
正直に言って、大学院での生活は楽しい。

民間企業勤務経験がないからこそ、全ての授業が新鮮である。
40代半ばになって、ゼロから学ぶことがこれほど好奇心を高めるものかと感じている。
特に、査定された予算を如何に執行するかという行政組織の人間が、現有資産を活用し如何に利益を生み出すかという営利企業という根本的に異なる考えに触れることは非常に興味深い。

また、ビジネススクールの授業は、一方的な講義は少なく、学生の意見を問われたり、グループでのディスカッションを実施する機会が非常に多い。
その中で感銘を受けるのは、議論のテーマそのものだけでなく、同期生のモチベーションの高さや幅広い経験だ。
多くの者が社会人であり、自ら時間とお金をかけて入学しただけあって、組織の立場を離れた個人である彼らから得られるものは、とても多い。

夏休み期間を活用して同期生の有志とともに参加したJBCC(Japan Business-school Case Competition)は、春学期で学んだ成果(特に、「経営学基礎」で学んだ経営管理学全般の基礎知識)を確認する場であった。
結果は、残念ながら予選敗退であったが、仲間たちと長時間に渡り意見をぶつけ、検討結果をまとめ上げたこの夏は、忘れられない時間となった。
図2

秋学期が始まり、新型コロナウイルス感染状況も徐々に収束に向かい、池袋キャンパスにも徐々に人が戻ってきた。
講義もオンラインと対面のハイブリッド方式で実施されており、学生個々の状況に応じた受講ができる態勢となっている。
図3

個人的には、授業以外の場での学生間の交流から得られるものが多いと感じており、積極的にキャンパスで受講しようと考えている。


[ 2021/10/25 21:56 ] 学校・学生生活紹介 学生生活 | TB(-) | CM(0)

ビジネスデザイン研究科主催イベント〜ウェルカムオンラインパーティー2022〜


この度は、このような環境状況でありますために「オンライン交流会」という風に形を変え、
ビジネスデザイン研究科主催の基で5月29日(土)に開催をさせていただきました。

本来であれば入学式後に先生と学生や学生同士の交流を深める機会として開催しておりましたが、
新型コロナウイルスの影響によって対面開催ができない状況下でございました。


当日は、2部構成にて交流を深め、総勢50名程の皆様(先生10名程、新入生30名程、在校生10名程)にご参加いただき、盛大に盛り上がることができました。

<プログラム>
第1部:オンライン交流会(新入生と先生)
第2部:オンライン交流会(新入生と在校生)

現在は対面講義もなかなか難しい状況であるため、このように在校生が運営企画をし、無事に交流会が開催できたことは大変嬉しく思っております。また、少し遅れてしまいましたが、先生と学生や学生同士が交流を深めることができたことに改めて感謝いたします。

これからも立教大学大学院ビジネスデザイン研究科の取組みについて、温かく応援いただき見守っていただけたらと思います。次なる企画をお楽しみに!!

主催:ビジネスデザイン研究科
運営企画:ビジネスデザイン研究会(浦井・福田・熊倉・鈴木・島村)


image_6483441.jpgimage_6483441 (1)
[ 2021/06/04 11:45 ] 学校・学生生活紹介 学生生活 | TB(-) | CM(0)

立教MBAにきた理由〜サッカー人生からビジネススクールへの転身編〜

1.立教MBAに入学した理由
私は社会人になるまでの人生の大部分を ”サッカー” に費やし、社会人になってからも社会人チーム(JFL)に所属しながら、仕事と両立して過ごしてきました。仕事、サッカー、プライベートといった多忙や、サッカーの試合で全国各地を飛び回りながらも両立していたことが、日々忙しくもあり楽しかった思い出でした。

スポーツにはプレイヤーとして携わる機会が多くあった中で、仕事もサッカーの環境に合わせて3回転職を経験するなど、様々な業界や職種を経験することで自分自身を高めていけたと思っていましたし、成長できていたと思っています。
環境を変えて新しい考え方に触れていくことを楽しみに感じていた中で、初めて4社目にしてスポーツ業界に携わる仕事を始めました。初めて仕事にしてみて分かるプレイヤーでは感じられなかったスポーツ業界の課題を、肌で感じ目の当たりにするようになり…何とかしたい、このままでは日本のスポーツが世界から取り残されてしまう、そう考えるようになりました。
しかしながら、今の自分ではどうやって変えていけるのか、そのための武器は私には備えられていませんでした。

私は2022年冬に開催される北京オリンピックまでの契約社員として現在は働いており、その後の職を探さなければなりません。スポーツ業界の課題意識に対して、自分自身は何をしたいのか、改めて自分に何ができるのか、それを見つめ直したいと思い、入学を決意いたしました。次の転職の時期と卒業の時期が同じである2年間という中で、様々な人や業界、知識に触れ、スポーツとビジネスを掛け合わせた人材になるべくMBAを取ろうと考えたというのが入学を決めた理由です。

S__62710091.jpg S__62710094.jpg S__62710090.jpg

2.立教 MBA入学前の生活
入学前までは仕事をメインとし、週末にサッカーをする程度の生活を送っていました。仕事をそつなくこなすだけの生活になっており、成長できていないなぁと感じる日々を過ごしていました。
毎日にやりがいや楽しさを見出しているというよりは、こなしていくといった表現が正しい毎日を過ごしていたように感じています。


3.立教 MBA入学後の生活
志が高い仲間とともに学ぶことってこんなに楽しいものだと、率直に思っています。また、世代や業種など様々な属性の学生がいらっしゃいますので、多角的な視点からの学びが得られているのも充実していると感じています。
 
入学してからは、新型コロナウイルスの影響でオンライン講義(主にZOOM)になり、当初はどうなることかと心配していましたが、移動時間が無いことによる仕事や家庭との両立といった面では、思った以上に良い面もありました。しかしながら、関わる人(同期や先生)との繋がりが希薄になってしまう、というデメリットも多く感じていました。
オフラインでの講義であれば、講義中や講義後の雑談やその後の懇親などを経て、その人の人となりを知ることができ、考え方の深い部分を知ることによって議論が活発化していくと思っています。そういった面では、オンラインという環境を受け入れつつ、受け身ではなく自分自身から行動をすることが必要になる環境であったことで、今までの自分自身を少し変えられたとも感じています。

私はビジネスデザイン研究科におけるすべての団体(ビジネスデザイン研究会、ホスピタリティ研究会、BizCom編集部)に所属しておりまして、たくさんの経験をさせていただいております。また、1年生ながらではありますが、日本ビジネススクール ケース・コンペティション(通称JBCC)にも出場させてもらい、優勝はできませんでしたが立教大学として5年ぶりの「予選突破」という結果を残すことができました。

IMG_4334.jpg IMG_8817 - コピー

私が入学してから最も強く感じていることは、大学院に入って、今後の未来は自分次第で変えられるということを強く感じました。
オンラインで中々繋がりが難しい状況ではありますが、自分で道を開いて行動をしていくことで、一緒になって学び、切磋琢磨し、助けてくれる仲間との繋がりができることを実感しています。一緒に学べて助けあえる仲間がいること、楽しく成長していけること、今後もこの考え方を大切にし、仲間を増やしていきたいと思っています。

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(19期生) 
平岩 宗
[ 2020/12/23 10:12 ] 学校・学生生活紹介 学生生活 | TB(-) | CM(0)

立教MBAにきた理由

1.立教MBAに来た理由
私は大学で社会福祉を学び、それを活かして、自分の住むまちにささやかながら貢献できたらと思い現在の職に就きました。現在は法人事務と相談業務を種に行っています。
 相談援助業務は生きづらさを抱えた住民や、自分たちの住む街を福祉の視点でよりよくしていこうとする地域福祉を推進する住民・団体を支援し、エンパワメントして自ら課題や問題解決に向け取り組んでいくことが業務ゆえ、黒子となって日々取り組んでいます。

少数ゆえ複数の業務を兼務していますが、職歴の半分は経理を兼務し、もう半分は権利擁護事業として金銭管理が困難な方への支援と低所得者向けの生活福祉資金貸付制度を兼務してきました。経理では危機的な状況を経験し組織としての経営において人・モノ・金・情報管理の仕方に疑義を感じるようになりました。
 
 制度の手引きにはある時から「相談者はFPの資格を有する者」と一文が盛り込まれ、今まで培ってきた知識と経験だけでは対応できないことを求められているようで、自分自身の能力に限界を感じていました。従業員の大半が福祉学科出身者ゆえ、経営に精通する者がおらず、経験則で経営しているため職場ではいつまでも解決されない課題が多く、対応した研修もありません。独学は効率も悪く八方塞がりでこんな状態を何とかしたいと日々感じていた時に、FBでRBSの入学説明会の広告が届きました。
関心を持ち、調べていくと医療福祉関係者でも学びやすい環境が整備されていることを知りました。学業との両立に不安を抱き受験することを悩んでいましたが、今年の正月休み後に受験を決め、あわてて準備して受験に臨みました。


2.立教 MBA入学前の生活
昨年、現在の職場に異動し、要綱に基づいて全区共通の業務をしているはずなのに、不備だらけで軌道修正の日々と、一緒に取り組む職員に恵まれないことから、残業、残業の毎日でした。相談内容も重く、現実は小説よりも奇なりではないですが壮絶な人生を歩まれている方が多く、気持ちの切り替えを心が欲し、帰宅したらバラエティ見て笑い、ニュースは朝の情報番組の範囲内でしか視聴しておりませんでした。


3.立教 MBA入学後の生活
 自分が、あまりに無知であり、関心ある情報しか取捨選択してこなかったことを痛切に実感し、今までの自分を猛省しました。正直、今まで学んでこなかった分野より、言葉の意味すらよくわからないまま授業を受講していますが、わからなかったことが理解できるようになり、学ぶって楽しいと実感する日々を過ごしています。
 
 コロナ禍の影響で、休業、失業による特例貸付が開始されると相談で所内のすべての電話の外線が常に真っ赤な状態となり、職員全員で対応し、リモートとは縁なく毎日、通勤していました。学業との両立の不安は常にありました。とにかく、定時で退勤すると決め、残業は早朝出勤で補うこととし、帰宅後は、ほぼ毎日授業で、一日、一週間があっという間に過ぎていく生活に変わりました。レポート、課題がたまってくると生活リズムが乱れていきますので、有給を活用してやり繰りしています。

 学びとしては、社会福祉の相談援助技術で重要とされている、バイスティックの7原則の一つに受容の原則があります。履修してきた授業でも、受容、共感、コミュニケーション、理解するといった言葉が聞かれ、どんな業界においても共通に重要なことだと改めて再認識しました。
 

[ 2020/11/17 15:42 ] 学校・学生生活紹介 学生生活 | TB(-) | CM(0)