FC2ブログ










テクノロジー&ストラテジー(2017年秋学期)

授業名:2017年春学期に受講した冨田先生の「テクノロジー&ストラテジー」について紹介します。

180422

■授業の内容 (テキストより)

IoTの提議

IoTの役割、その構成(AIICT等)とできることできないこと

・アンサンブル機械学習のデモ

IoTビジネスの事例紹介、アライアンスの活用

・ゲストスピーカー【2017年実績:慶応義塾大学 武藤佳恭先生(人工知能やIoTがご専門)、IoTベンチャーのShannon Lab代表取締役・田中 潤 様

・マーケットインとプロダクトアウトによる新製品開発の比較

・新規事業でどこに一歩を踏み出すか、ドラッカーの事業の3つの定義、認知的遠方収益機会論

・受講者によるIoTAIをを活用したビジネス事例や分析のプレゼン

 

■受講の動機

IoTを活用した自動化農業を考えており、それが実現できるのか知りたかった

IoTAIは人を幸せにする道具なのか、それとも敵なのか、知りたかった

 

■講義の内容及び様子

・現在のIoTの事例について説明される。

IoTの定義が人それぞれであるため、この授業での定義とその理由について説明される。

・外部講師の武藤先生での実演は受講生がみんな釘付けになる、質問が多く、時間内に終わらない状態になった。

 その後、武藤先生と懇親会を行ったが、懇親会でもIoT,AIについての質問攻めになる。

 

■受講後の感想

・自分自身か考えていた農業IoTは予想以上に進んでおり、可能であることが分かった。

IoTの可能性は大きく、市場で公開されているものはごく一部であることが、驚きであった。

 

■こんな人におすすめ

IoTを早急に導入したい方、実現したい方

AIの可能性を創造したい方

 にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

■レポーター紹介

2017年に入学をした、博士課程前期課程、現在2年です。

総合電気工事会社に勤めているが、会社には内緒で通っている。

元々は技術屋であり、不況の煽りで管理部門(経理系)と戦ってきたが、最終的には金を握っているところが強く、負けてしまうことが悔しかった。

現場は経験しないと分からないが、経理系は机上で勉強できると思い、MBAを志した。大学受験で立教大学理学部に不合格になり、リベンジでRBSを選択し、合格した。

 

スポンサーサイト



[ 2018/04/22 10:53 ] 授業紹介 シードマネジメント/MOT | TB(-) | CM(0)

ビジネスケースメソッド1・2(2017年春学期)

授業名:2017年春学期に受講した安田直樹先生の「ビジネスケースメソッド」について紹介します。
 20180408
 
■授業の内容 (テキストより)
本科目は、ケースと呼ばれる企業などの戦略、組織等に関わる様々な問題が描かれている教材を用いて行われ、グループ討議とケース討議によって構成されている。
「ケース例」
・ダイソン株式会社
・ZARA
・日産自動車 等
 
■受講の動機
MBAといえばケースメソッドが代名詞のような授業であり、せっかくMBAを取得するのであれば経験しておきたいと考えたため。
 
■講義の内容及び様子
事前に配布されるケースを読み込み、与えられたテーマについて自分で考えるところから始まる。ケースの分量は大体10〜15ページ程度。比較的有名な会社の事例が多く、興味を持って読み込むことが出来る。
授業では予習してきた内容を中心にグループディスカッション、その後先生からの問いかけに答える形で進む。グループディスカッションでは、一人では考えつかないような視点からの指摘が得られたり、先生からの問いかけ、指導により基本的なフレームワークを学べたりと、密度の高い授業である。
反面、仕事の忙しさを言い訳に予習を怠ると、授業中はお客様になってしまう。
 
■受講後の感想
授業には留学生、社会人が満遍なく在籍しており、するどい指摘が飛び交う場面も有る。社会人歴がそこそこ長くなると、一方向からの物の見方になることが多く、反省させられる場面も多々あった。
 
■こんな人におすすめ
欧米のMBAに興味を持って入学してきた人。
ロジカルシンキングの訓練をしたい人。
経営者の考えることに興味がある人。
 

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
 

■レポーター紹介
2017年に入学。ITや小売業界を中心に人事業務を行なっています。業務上、特に制度関連では経営者と協議する事も多く、相手の言っていることを理解し、実現するためにMBAで体系的に経営を学ぼうと考え、入学しました。
[ 2018/04/08 17:05 ] 授業紹介 戦略策定と戦略経営 | TB(-) | CM(0)