FC2ブログ










立教MBAにきた理由〜サッカー人生からビジネススクールへの転身編〜

1.立教MBAに入学した理由
 私は社会人になるまでの人生の大部分をサッカーに費やし、
社会人になってからも社会人チーム(JFL)に所属しながら、サッカーと仕事を両立して過ごしてきました。
仕事、サッカー、プライベートなど、
試合で全国各地を飛び回りながら両立していくことが日々忙しく、
でも楽しくもあり、自分自身が成長できている実感が持てていました。
プレイヤーとしてスポーツと携わる機会が多くあった中で、
仕事もサッカーの環境に合わせて3回転職を経験するなど、
様々な業界や職種を経験することで、自分自身を高めていけたと思っています。
IMG_4335.jpg

環境を変えて新しい考え方に触れていくことを楽しみに感じていた中で、
初めて4社目にしてスポーツ業界に携わる仕事を始めました。
初めて仕事にしてみて分かるプレイヤーでは感じられなかったスポーツ業界の課題を、
肌で感じ目の当たりにするようになりました。
何とかしたい、このままでは日本のスポーツが世界から取り残されてしまう、
そう考えるようになりました。しかしながら、今の自分ではどうやって変えていけるのか、
そのための武器は私には備えられていませんでした。

 私は2022年冬に開催される北京オリンピックまでの契約社員として現在は働いており、
その後の職を探さなければなりません。
スポーツ業界の課題意識に対して、
自分の人生何をしたいのか、改めて自分に何ができるのか、
それを見つめ直したいと思い、入学を決意いたしました。
次の転職の時期と卒業の時期が同じである2年間という中で、
様々な人や業界、知識に触れ、
スポーツとビジネスを掛け合わせた人材になるべくMBAを取ろうと考えたというのが入学を決めた理由です。


2.立教 MBA入学前の生活
 入学前は仕事をメインとして週末にサッカーをする程度となっていました。
今までの経験もあり、仕事をそつなくこなし、
成長できていないなぁと感じる日々を過ごしていました。
毎日にやりがいや楽しさを見出しているというよりは、
こなしていくといった表現が正しい毎日を過ごしていたように感じています。


3.立教 MBA入学後の生活
 志が高い仲間とともに学ぶことって、こんなに楽しいものなんだと感じています。
また、世代や業種など様々な属性の学生がいらっしゃいますので、多角的な視点からの学びが得られています。
 
 今年は、新型コロナウイルスの影響でオンライン講義(主にZOOM)になり、
当初はどうなることかと心配していましたが、
移動時間が無いことによる仕事や家庭との両立といった面では、
思った以上に良い面もありました。しかしながら、
関わる人(同期や先生)との繋がりが希薄になってしまうデメリットも含んでいました。
オフラインでの講義であれば、講義中や講義後の雑談やその後の懇親などを経て、
その人の人となりを知ることができ、
考え方の深い部分を知ることによって議論が活発化すると思います。
そういった面では、オンラインという環境を受け入れつつ、
受け身ではなく自分自身から行動をすることが必要になる環境であったことで、
今までの自分自身を少し変えられたと思っています。


 私は現在、ビジネスデザイン研究会、ホスピタリティ研究会、BizCom編集部に所属しており、
たくさんの経験をさせていただいております。
また、1年生ながらではありますが、
日本ビジネススクール ケース・コンペティション(通称JBCC)にも出場させてもらい、
優勝はできませんでしたが立教大学として5年ぶりの「予選突破」という結果を残せました。
IMG_4334.jpg

 私が感じていることは、大学院に入って、
今後の未来は自分次第で変えられるということを強く感じています。
オンラインで中々繋がりが難しい状況ではありますが、
自分で道を開いて行動をしていくことで、一緒になって学び、
切磋琢磨し、助けてくれる仲間との繋がりができることを実感しています。
一緒に学べて助けあえる仲間がいること、楽しく成長して行けること、
今後もこの考え方を大切にし、仲間を増やしていきたいと思っています。


立教大学大学院ビジネスデザイン研究科1年  平岩 宗
スポンサーサイト



[ 2020/12/23 10:12 ] 授業紹介 その他 | TB(-) | CM(0)