FC2ブログ










私が立教MBAに来た理由とは ~まだまだ明日を夢見るアラフィフ編

大学院で学びたい。

学びの集大成として、いつかは、と思いつつも「今は仕事が」「今の年齢から大学院に通ってもなぁ」「学費の工面はどうしよう」と先送りしてきました。しかし、家から比較的近い立教大学が「専門実践教育訓練給付金」の指定を受けたことを知ったことをきっかけに、説明に参加し、そして今に至っています。

私は現在、知人と共に興したスタートアップを支援する会社の経営に携わっています。
新しい事にチャレンジするのが好きな気質だったこともあり、エンタテインメント関連や
IT関連などいくつかの分野にわたって業界を渡り歩いてきたのちに、現在の仕事をしています。

そんな私が大学院を目指すと決めたのは、以下の2つの目的からでした。

①今までの出会い以上に様々な方々と出会って刺激を受けたい。
社会人となってからの出会いは、自分のビジネスの延長線上の方々になってしまいがちです。全く自分と違う人生を歩んでいる方々にであって刺激を受けたい。社会大学院を目指してくる方々というのは同じ様な課題感や目的意識をもっているはず。そんな出会いが出来ると良いな、と考えました。
(ちなみに立教の同期は人数が多く、それ故に多様 他党です。社会人大学院で立教と同じ規模の同期メンバーに恵まれる学校は数校しか有りません。)

②今までの仕事とは違った分野のことを学びたい。
自分の仕事に関連しない分野の事、新しい生きた知識として学んでみたい。それによって、自分のやってきたこととの掛け合わせで、仕事でもプライベートでも出来る事を増やせるのではないか。
人や知識との出会いがが、 まだ見ぬ次の新しいチャレンジのきっかけになれば良いなと、そう思っていました。

■入学してみて
同期はもとより教授とも距離が近いのが立教の良いところ。年齢や業界にとらわれない出会いの機会をいただいています。普段出会うことがなかなか叶わない様な専門性をもつ同期や教授陣との出会いはかなり刺激的です。
また、現在M2で修士論文の設計を考えていますが、M1の授業で学んだ事をヒントに考えています。今まで知らなかった事や、うっすら知っていてもあやふやだった知識を改めて授業で学び直して補強できたことで、考える事のできる幅が広くなっているのを実感しています

■雰囲気とか設備とか
ほかの方も書いていますが、校舎の雰囲気は最高です。また、私が気に入っているのが図書館。最新の設備、広めの座席が数多く配置されていて、とっても居心地が良いです。

■お金面
教育訓練給付金から最大100万円くらい補助が出るほか、立教大学大学院給付奨学金というのが年額30万円出ます(これが意外と高確率でうけられるんです)。詳しくは両方調べてみて下さい。

■その他、思っていること
課題や修論の骨子の作成のために、今までに無いくらいたくさん本や文献を読んで、かみ砕いては(つたない)アウトプットを繰り返しています。

写真 はある日の私のデスクの様子なのですが、こんな風に勉強をさせてもらっている時間はとっても幸せですが、振り返れば一瞬なんだろうなと思います。せっかく時間もお金もかけて通っているのですから、出会った仲間達との時間を大切に一緒に過ごしながら、修了した後にはしっかりと自分の変化が感じられるように一生懸命はげまねば、と常々思っています。

■最後に
・家族をお持ちの方は、奥様やお子様のご理解、協力は必須なので、そこだけはご注意を。
・時間とお金を投資するのなら、自己投資は一番効率の良い方法です。裏切りませんので!
そこの入学をお迷いの方、立教でお待ちしています。(卒業しちゃいますので修了生としてですけど。)
スポンサーサイト



[ 2020/06/20 10:02 ] 学校・学生生活紹介 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する