FC2ブログ










私が立教MBAに来た理由〜家族との時間を持ちたい私編〜

みなさん、こんにちは。

このブログを読まれているということは、みなさんMBAに関心を持たれて、各MBAの学校の資料や説明会に参加を検討されていることと思います。
入学前に私が感じていたこと、不安に思っていたことを通じて、今後、立教MBAに入学される皆様の一助になれたら幸いです。

1.MBAの進学について
私は40歳を目前にして、仕事のキャリアに漠然とした不安がありました。現在、所属企業の管理部門におり、会社内な様々な問題に触れて行く中で、その対応力に限界を感じていました。このため、MBAで経営学全般に関する知識はもちろんのこと、フレームワークや理論をベースとした論理的な思考力を身に付けることが必要ではないかと考えていました。

大学卒業から20年弱たった今、MBAに進学してうまくやって行けるのであろうかという不安もありましたが、それより勉強することに対するワクワク感の方が強かったことを覚えています。また、私は、幸いにも所属企業の企業派遣で、MBAに入学することが許可されておりましたので、それが気持ち的に後押しになりました。(他の在校生においても、企業派遣で入学されている方がおります。)

2.なぜ立教MBAに進学したのか(立教MBA進学の決め手!)
私も入学前の自分を振り返りますと、いくつかのMBAの学校情報を集めたものの、何と無く掴めなかったり、絞り込んで的は絞ったものの、本当にこの学校でいいのであろうかと迷っていました。
その中で、最終的に決め手となったのが、入学説明会での先生や在校生の雰囲気、立教の癒されるキャンパスだったと思います。

正直なところ、授業内容は、事前にリサーチは最低限可能かと思いますが、入学してみないと分からないことが多いと思います。(実際に入学した今、それを特に感じます)
ただ、学校自体の雰囲気については、入学説明会でいくつかの学校を見て行く中で掴めるものあり、自分自信の中で、一番しっくりきたのがこの立教MBAでした。私見ではありますが、雰囲気と学習環境は大切だと思います。

特に1年次、私は土曜日1限からフルで履修していたのですが、授業の合間に仲間とランチを食べたり、話したりする時間は、勉強以上にかけがえのない時間だったと思います。


3.仕事や家庭との両立について
MBAに入学する不安には、仕事や家庭との両立があると思います。
まず、仕事との両立については、それぞれ事情が異なるとは思いますが、共通して言えることは、事前に職場の方に状況を話して、理解を得ておくことだと思います。私は企業派遣ではありましたが、それでも上司や部下へきちんと説明し、理解を得ておかないと仕事が回らなかったと思います。

次に家庭との両立です。これも仕事と同様、家族へしっかり説明を行い、理解を得ておくことだと思います。私の場合、入学時、子供が3歳と0歳だったため、妻への負担や子供と唯一触れ合うことができる休日が勉強や課題で潰れてしまうことの不安がありました。案の定、課題等に追われて、妻や子供にも可哀想な思いをさせてしまったこともありますが、なんとか隙間時間を作ったりして、協力してもらいながら乗り越えている感じです。

さらに私の子供は、去年の秋から年末にかけて、病気で数回入院することとなり、てんやわんやの状態でした。ちょうどその時、グループワークで発表する授業があり、同期の仲間みんながフォローしてくださったことは本当に感謝しています。
社会人でMBAに通うということは、職場や家族・同期など、皆さんの協力があってこそ成り立つものであることを実感しています。

4.最後に
このブログでは主に私が入学前に感じていたことや不安に思っていたことを書かせていただきました。
読んでいただいた皆さんが立教MBAに入学することを切に願っております。
スポンサーサイト



[ 2020/06/27 11:59 ] 学校・学生生活紹介 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する